非父論

 道徳論を声高に主張する女性が抱く父へのイメージというのが、大体似通っているということを経験的な直観としてもっていたのだが、阿川佐和子さんが最近『強父論』という本を出しているのを書店で見て、ますますその直観に対する確信を強めた。

 

強父論

強父論

 

 

つまり、「強くて怖くて、でもやさしい父がいないから世の中おかしいんだ論」というジャンル。

 こういうことは何も女性に限らないのかもしれないし、あまり言い募れば偏見の謗りを免れないのかもしれないが、これは実際そうだという印象が拭えず、むしろ日ごとにその傍証を次々と追加で目にしていく。そのように考える私の確証バイアスであってほしいとすら思う。

 何か問題があるときに、「道徳的にはこれが正しい!そして後はそれをバシッと言えるリーダーシップの強い男らしい人間がいればよい」という論の立て方をしている人は、何も阿川さんに限らない。その意味では、上のような私の書き方は、阿川さん個人への過度な責任転嫁と言えるかもしれない。ちょっと注意深く見ていれば、そこかしこに同じ類型の論者を見つけることができる。しかし、そういう論じ方になってしまったらおしまいだと個人的には思う。

 もちろんそうは言っても、そこで展開される「道徳論」に対しては、主張する者の実存(親との関係だったり思春期のあれこれだったりetc..)とは切り離して考えてみるようにはしている。そうでないとフェアじゃないと思うためだ。

 しかし、道徳論を主張するばかりの人間には、結局のところ物足りなさを感じる。道徳的に何が正しいのかなど、大抵の人間は一々言われなくてもわかっている。わかっていながらそれでもやっぱり問題を起こしてしまうわけで、「ではどうするか」というところから考え始めなければ、話が前に進まない。

 「人を殺してはいけません」と恐くて優しい父が言えば殺人がなくなるほど、物事は単純ではないし、そんなことで解決した気になっているのだとすれば、人間をなめすぎだとさえ思う。

 そもそも「父」的なものの典型的なイメージは、女性の社会進出と男女平等が制度の面でも社会通念の面でも前進し始める(※定着でも浸透でもない)するより前の産物であって、その後はフェミニズムが来たり最近ではいわゆる「LGBT*1もあったりで、時代錯誤感が否めない。

 父だけでは支えきれない。

 

 ちなみに私はこの本『強父論』を読んでいない。そもそも読む気になれない。おそらくは阿川さんの恐くて優しい父と、阿川さんの感動のエピソードがてんこ盛りなのだろうと思う。もちろん感動一辺倒ではないかもしれない。阿川さんの反抗期があり、そして後になって、父の厳しさや怖さの意味、その奥に潜む優しさに気付く…というような、そういう展開なのではないかと推測している。それを裏付けるためだけに読むくらいならば、はなから読みなどしない。裏切られるのであれば喜んで読むが、どうも裏切られる気はしない。私がここで読まずに勝手に推測した以上の、予想外の「何か」が、この本の中で語られているという「期待」が持てないのだ。実際にそうか否かということは問題ではない。どんな本も、読む前の「期待」によって1ページ目、2ページ目…そして30ページ、100ページと読み進めるかどうかが決まるのだから。

*1:LGBT」という言葉については、自分は違和感を感じている。この4文字で名指されるような人々が、「普通ではない」ということを暗に示していると感じるためだ。「LGBTの人々の立場」とか「LGBTの人々への配慮」という表現に、私は強い不信感を禁じえない。それは「私たち普通の人々が、普通でないあなたたちもちゃんと認めますよ」というポジションの違いの無自覚な宣言を、私はそこに嗅ぎとるからだ。