読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出合った相手ではなく、出会い自体とどう付き合うか

 数学では、マイナスにマイナスをかければプラスになる。このことは環(ring)と順序(order)の基本性質から導かれる。この性質をネガティブ思考の反転に強引にこじつける人間がいたりする。そういう考え方は安易なアナロジーに過ぎない。アナロジーであることがいけないのではなく、安易であることがいけないのだ。

 このアナロジーが正しいかどうかとは別に、自分にとって確固たるものに思える何かを、自分の実存と結びつけ、それによって自分の実存も確固たるものにしようとすることがある。そういう考え方に、数学や科学はよく利用される。そこでは数学も科学も、宗教と機能的に等価であって、「私の実存を支えてくれるかどうか」という一点において、その内実の違いは消滅してしまう。

 サルトルは、『弁証法的理性批判』を中心としたいくつかの著作において、人間の実存を根拠づけるものを探った。同著はレヴィ=ストロースの『野生の思考』で批判の対象となった。このようにしてフランスでは、実存主義は次第に構造主義に移っていく。1960年代のことだ。

 サルトルレヴィ=ストロースも読まない者は、2016年に生きながら、ある意味では1960年代よりも以前のフランスに生きていることになる。

 こういうことは、個人のレベルでは至るところで起こっているだろう。時間と好奇心と、それからチャンスの不在などによって。2016年の世界には、1960年代を生きるものと、1970年代を生きるものと、紀元前を生きるものと…というように、一見同時代でありながら、その内部では実質的には、様々な時代を生きる人間たちが共存している。タイムマシンで過去に遡るまでもない。今この瞬間に、世界は共時的であると同時に通時的でもある。

 「サルトルレヴィ=ストロースも読まない者は…」というような書き方をすれば、それこそ2016年の日本においては、「上から目線である」といった解釈のフレームを嵌められるかもしれない。たとえば「はいはい、『サルトルレヴィ=ストロースも読んでいる俺すごいっしょ』とか言いたいだけね。承認欲求の強い人間ってホント傍迷惑。」というふうに。

 「上から目線」という言葉を使い続ける者に対しては、私はこう答える。「上から目線」というフレームほど不毛なフレームもない、と。それを言って何がどう変わるのかを考えてみればいい。

 そしてこのフレームもまた、以前からずっとあるものだ。以前からずっと、「不毛なフレーム」としてあるものだ。

 1960年代より以前のフランスに生きることそれ自体が問題なのではない。そうではなく、その後に人類はどう考えたか、どういう勘違いをしたのか、或いはどうやって袋小路から抜けつつあるのかなどについて、知らないまま考えようとすることが問題なのだ。現代人は時間がないというのに、とりわけ日本人は時間がないというのに、それでは却って時間を浪費している。ハイデガーが「Das man」と呼んだ人間は、暇のない人間だ。Das manになりやすい労働環境、Das manから逃れにくい条件に生きる者にとっては、その限られた時間を浪費することはほとんど命取りに等しいとすら言える。

 自分の頭や同時代のヨコのつながりに重きを置くばかりでは、この浪費から完全には逃れられない。確率的に決まる「出会い」は、過去の反復を回避する保証を与えてくれない。

 出会いは、それが人であれ物であれ概念であれ、どうしても確率的にしか決まらないが、かといって介入の余地がないわけでもない。

 出会いの確率的な条件を逆手に取り、出会わなそうな人間と出会う機会を作るという戦略もまた、多少の改善はあれ、根本的な解決には至らない。朝活や合コン、街コン、パーティーなどなど、確率的な出会いを生む制度を人間はいくつも作り出してきた。とはいえこれらの制度をいくら積極的に活用して色々な人間に出会おうと、知らないままであることが残り続けたり、知らないこと自体を知らないままであったりする状況から、根本的に自由であることはできない。

 Facebook内では、出会いの条件は確率的でない。自分の知らない人間が「友達かも?」とタイムラインで紹介されていても、そこにある偶然性はFacebook自体がもたらしたものではなくて、「Facebookの外での出会い」(リアルの出会い)が偶然であったことの余波に過ぎない。その偶然性を、Facebookアルゴリズムが一定の手順で処理した結果に過ぎない。

 この点はTwitterも同じで、あるユーザーをフォローした時に紹介される他のユーザーたちもまた、確率的に選ばれたものではない。それもまた、自分が初めにフォローしたユーザーを、Twitterアルゴリズムの外側で、自分が確率的に選択した結果の余波であるに過ぎない。FacebookアルゴリズムTwitterアルゴリズムも、「他者との出会い」において確率的な要素を持たない。それは出会いをアルゴリズムで実現しようとすることに起因すると考える者もいるかもしれないが、必ずしもそうではない。アルゴリズムで確率的な操作を行うこともできる。ただ両者がそういうアルゴリズムを使っていないだけのことだ。そしてまた、そのことに気付かないままそれらを利用している人間がいるだけのことだ。

 出会いによって袋小路から抜け出せる場合ももちろんあるが、出会いに重心をかけ過ぎると、「人との出会いで人生は決まる」の様な、それこそ怪しげな袋小路に嵌り込んでしまったりするものだ。そこに解はない。

 そうではなくて、ただ淡々と歴史を観察すればいい。出会いのあれこれ、出会いの良し悪しに一喜一憂することなく、落ち着いて歴史を観察すればいい。ここに介入の余地がある。出会いに期待をかけるよりも、歴史に期待をかける方が、よほど確実なように思える。

 それは単に出会いを否定することとも違う。それはむしろ「出会い」との距離をうまく見積もり、出会い自体とうまく付き合うということだ。

 

 

 

 

フランス現代思想史 - 構造主義からデリダ以後へ (中公新書)
 

 

 

フランス現代思想史 - 構造主義からデリダ以後へ (中公新書)
 

 

 

存在と時間〈上〉 (ちくま学芸文庫)

存在と時間〈上〉 (ちくま学芸文庫)

 
存在と時間〈下〉 (ちくま学芸文庫)

存在と時間〈下〉 (ちくま学芸文庫)

 

 

 

暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator)
 

 

 

つながりすぎた世界

つながりすぎた世界

 

 

 

弱いつながり 検索ワードを探す旅 (幻冬舎文庫)
 
つながり 社会的ネットワークの驚くべき力

つながり 社会的ネットワークの驚くべき力

 
ソーシャルメディア論: つながりを再設計する

ソーシャルメディア論: つながりを再設計する

 

 

 

フィルターバブル──インターネットが隠していること (ハヤカワ文庫NF)

フィルターバブル──インターネットが隠していること (ハヤカワ文庫NF)