読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰が落としたか

いつ落としたか

どうして落としたかもわからない小石が水面に触れると

触れた以上はどうしてたって波紋が広がる

 

波紋が消えてしまう迄に

ただ水面が揺れるだけでない様々な事柄が

まるで自然であるかのように次々と起こり

それは新たな小石や岩にもなる

 

その小石と岩とが新たな波紋を生み

あるいはすでにあった波紋を広げ

あるいはすでにあった波紋を打ち消して

水面を広がっていく

 

波紋が広がるうちに

そもそも始めの波紋はどうして生まれたのか

どのようにして水面はさざめきたったのか

それは今の波紋と同じなのか違うのか

それらは波紋と同じように次第に忘れ去られる

 

私の声は

あの人の声は

私の知らない誰かの声は

どこかで小さな波紋を作っている

 

(※三浦しをん原作の映画『舟を編む』の中で、辞書編集部がなくなるかもしれないという噂が流れるシーンを見ていてふと思ったこと)