読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心にゆとりがないと

心にゆとりがないと、自分に向けられた言葉に悪意を感じてしまいやすくなる。

心にゆとりがないと、悪意のある言葉を相手に向けやすくなる。

 

相手に悪意があるのは相手の方に責任があるとしても、それに敏感に反応してしまうのは自分の心にゆとりがないからで、心にゆとりがないのは自分の方に責任がある。

 

電車の中、街中、職場、学校、SNS、ネットなど、色々なところで本当にあるのかどうかもわからない悪意に過敏に反応するのをよく目にする。自分もその一人になってしまっていることもある。

 

ゆとりを持って相手と接することができないと建設的でもないし、なんとかしなければなあ。